先進医療にはどんなものがある?

先進医療で必要な経費ってどの部分?

先進医療は「評価療養」の一つ

子宮腺筋症は、本来子宮の内側にできるはずの組織が子宮筋の中にできる病気です。子宮は骨盤の中にできる筋肉でできた臓器です。この筋肉の中にあるべきでない組織ができてしまうのが子宮腺筋症です。腺筋症組織だけを子宮筋層から取り出すことがこれまでは困難でした

三次元形状解析による体表の形態的診断

顔と頭に大きな怪我をおった場合、治療後の状態を予測するのは本当に困難です。これまでは二次元的に計測してきましたが、より正確で術後の状態がわかる解析が三次元形状解析です。顔面等をレーザーを用いて解析し、コンピューターを用いてシミュレーションする方法です。

陽子線治療とは?

物質は最後まで細かくすると原子になります。この原子を構成しているのが原子核と電子です。原子核を構成しているのが陽子と中性子です。この陽子を加速させて、がん組織に照射するのが陽子線治療です。x線などの放射線に比べて、細胞組織を傷つけにくいという特徴があります。

高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術

先進医療とは「評価療養」の一つです。評価療養とは将来国民が受けられるかどうか定まっていない治療法のことです。まだ、安全に治療として使うことができるかを評価している段階ということです。評価療法は本来国民が受けることのできない治療法です。

しかし、治療の方法の選択肢を広くするという観点から、導入されたのが先進医療です。ポイントとなるのが医療費です。普段、病院で治療を受ける場合、ほとんどの人が健康保険を使用しています。一般企業の会社員であれば、その会社の保険制度を使い、自由職のひとなどは国民健康保険に加入していると思います。先進医療は、この保険制度が適応されません。例えば、大きな病気にかかってしまい、先進医療が必要だとなった場合、先進医療に発生した費用は全額自己負担となります。

ただし、この際に発生する診断や投薬、検査、入院などの費用、「先進医療に関わる費用」以外は一般の保険医療として扱われます。例えば、医療費全額が100万円で先進医療に関わる費用が20万円だったとき、この20万円は全額自己負担となり、80万円は健康保険の対象となります。80万円の70%が健康保険から給付されるとすると、残りの30%の24万円も支払うことになります。

つまり、44万円が自己負担となります。本来発生する費用の半額以下で最新の技術が受けられるということです。先進医療の場合も、通常の治療を受ける時と同じで、保険証を窓口で提示します。治療を受ける本人の希望と医師が必要だと判断して、かつ患者が同意書に署名したうえで治療は実施されます。

おすすめリンク

千葉市で探す、インプラントをしてくれる歯科

インプラント治療は普通の歯科ではしていないこともある?千葉市でしているところがあるのかご案内します。

やっぱりオシャレ?南青山の矯正歯科クリニック

南青山で人気のある矯正歯科、共通するのはオシャレ感!病院でも外観や内装が大事な理由とは。

渋谷の全身脱毛最新情報

様々に流行を発信する渋谷では全身脱毛の流行も最新です。今人気の脱毛法についてまとめ調べ尽くしました。

堺市で根管治療できる歯医者の情報

難易度の高く、医師の経験も求められる根管治療がおすすめの堺市の歯医者を紹介します。