先進医療で必要な経費ってどの部分?

>

先進医療は「評価療養」の一つ

子宮腺筋症とは

子宮腺筋症とは、本来子宮の内側を覆うべき子宮内膜が、子宮筋の中にできてしまう病気です。子宮は筋肉で外側を形作られた臓器です。この筋肉の中に不純物ができてしまうということです。
強い月経痛が発生し、出血量が多くなり月経過多になることから貧血を起こしたりします。また、月経の時以外にも腹痛が発生したりします。閉経後に治ることもありますが、女性ホルモンの影響を受けて病状が悪化することもあります。ほとんどの場合、閉経まで乗り切れれば治療の必要はありません。
患者側からみれば、月経過多などで出血が多いため不安になりやすい病気ではあります。そのため、問診から内診、直腸診などを段階的に実施し、慎重に検査をします。経腟超音波検査で卵巣と子宮の状態を診て血液検査をします。血液検査で陽性と判断されたら、MRIなどでさらに細かい検査をします。

高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術

子宮腺筋症の一番の問題は、子宮の筋肉の中に複雑に入り込んでいるということです。そのため、腺筋症の組織だけを取り除くことが難しく、重度の場合は、子宮の全摘出になっていました。この腺筋症の部分だけを切除できるのが高周波切除器です。
まず、子宮筋のどの部分が腺筋症なのかを見分けるために触診による検査をします。さらに、高周波切除器で腺筋症を切除したあとでも、その面の色で腺筋症を見分けることができます。この装置にはリング導子がついており、これが「切除」と血の「凝固」を同時に実現します。腺筋症部分を切って、その切り口を固めてしまう優れものです。リング導子の大小を変えることで、腺筋症のあらゆる大きさに対応します。


この記事をシェアする